2018-07-18

輸送艦「しもきた」入浴サービス 癒しの空間LCACで呉に

疲れた心と体を癒すため、多くの人がエア・クッション型揚陸艇(LCAC)に向かって歩いていきました。

呉市にある海上自衛隊の入浴サービスに向かうため、LCACはゆっくり出発。

船内にいると感じませんが、窓の間から水しぶきが見えます。


海の上を走ること十数分、明るかった窓の外が急に暗くなりました。

輸送艦「しもきた」には特設の湯船にお湯が張られていました。

入浴者には、サンダルのサービスも。

艦内にある自由記載欄には、入浴サービスのお礼が書かれていました。

入浴も終わりLCACに乗るときには、隊員が見送り。ふろのぬくもりに加え心の温かさが伝わるプライスレスなサービス。

癒された体に揺られながら窓の外を見ると、LCACの水しぶきに虹がかかっていました。

くつろぎの空間を提供した海上自衛隊の入浴サービスも今日で終了。
1週間以上続いた断水も徐々に復旧してきました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし email:blogger@fukuoka.am

2018-07-17

木下川牙をむく 道路寸断しパイプあらわ

10日あまり前まで道だったところの様相が一変しました。


島の水がめ、三高ダム。太平洋戦争中に、旧海軍兵学校の水道用水源として旧海軍が築造したものです。


平成30年7月豪雨で、沖美町三吉の木下川が牙をむきました。

アユが生息していたといわれる川も、どこからやって来たのか大小の石にあふれています


道も、濁流に洗われ陥没。埋設のパイプもあらわになっていました。


ダムに通じる道も、途中で寸断。


近くに行くと、ガードレールが宙に浮いていました。



三高ダムは、飲料水としてこのあたりの家庭に供給されていますが、濁流で浄水池は茶色く変色していました。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし email:blogger@fukuoka.am

2018-07-16

樹木茂る道に視界広がる 山肌大きく削られる

山の中腹から突然視界が広がりました。

茶色い山肌の先に広がる海。似島の先に広島市内がよく見えました。

平成30年7月豪雨では、このあたりの山肌も多くの爪痕を残していました。 

この場所も、山頂近くから数百メートルにわたって山肌が大きく削られていました。

樹木が茂る三高山砲台跡の道を歩いていると、突然明るくなりました。


中腹から見上げても発生したスポットが見えないくらいの場所です。

土砂崩れで、林道のいたるところが寸断していました。


この部分は通行止めになっています。平成30年7月水害を記録したいので自己責任で撮影しています。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし email:blogger@fukuoka.am

2018-07-15

御殿山隧道通行止め 海上自衛隊構内通る臨時措置

山から湧水が絶え間なく流れていました。

江田島町中央にある御殿山隧道。平成30年7月豪雨で通行止めとなっています

道路には、大雨で流れてきた大きな石が転がっています

トンネル内には土砂が流れ込み、およそ280メートル先にある出口は、土砂が塞いでいました。

裏道もありますが、土砂が覆って通れない状態。

地域の主要道が通行できないため、海上自衛隊(旧海軍兵学校)構内を通る臨時措置がとられています。

平成30年7月18日更新
7月19日(木)午後6時から片側通行が可能となります。それに伴い、迂回路だった海上自衛隊第1術科学校構内は通行できなくなります。

ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし email:blogger@fukuoka.am

2018-07-14

給水開始もうじき 受け入れ準備急ピッチ(7月16日から)

白いホースがどこまでも伸びていました。
7月6日に発生した平成30年7月豪雨で、市内のほぼ全域で断水が続いています

海上自衛隊災害派遣部隊として、「YW22」が接岸していました。
水船17号型「22号」。英語表記「YW-17 class yard water」yard waterの頭文字をとってYWの船名となっています。

公称では、310トンの水を積載。呉市から水を満載して魔に運んでいます。

前早瀬浄水場に一時保管されたのち、給水車で運ばれています。

本日、7月16日から順次給水開始の予定が発表されました。





ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし email:blogger@fukuoka.am

2018-07-13

陸自第10師団(春日井市)来訪 入浴サービス9割以上満足

「尾張の湯」ののれんが、ほっこりと揺れていました。


7月12日(木)から柿浦漁港埋立地で陸上自衛隊の入浴サービスが始まりました。

平成30年豪雨の災害派遣で、入浴施設を携えて陸上自衛隊第10師団か来ました。


愛知県春日井市からほぼ丸一日かかって当地まで。

「尾張の湯」はシャワーも完備。


湯船に張られた湯は、市内の給水所で水を補給しここまで持って湯にしています。
 
提供開始前なので、昨夜の余韻が残っています。


「お湯加減はいかがでしたか?」。入浴サービス向上のためのアンケートもぬかりがありません。9割以上の人が、満足した適温の回答。
しゃちほこも笑っているように見えました。



「尾張の湯」は7月12日(木)~給水復旧までの午後4時~午後10時(受付9時30分まで)まで大柿町柿浦漁港埋立地で行われています。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし email:blogger@fukuoka.am