2017-07-31

江田島湾海上花火大会 2100発の花火夜空染める

「ドーン」。スルスルスルっと上がる大玉の軌跡が、この高さまであがってきました。

7月30日は、海上自衛隊(旧海軍兵学校)グラウンドをメーン会場として、サマーフェスタ江田島が開催。江田島湾海上花火大会は、その沖合いにある台船から2100発の花火が夜空を染めます。

昨年までは下界でしたが、今回は標高394メートル古鷹山山頂から高みの見物。

条件がよければ、ここから夜空に星が瞬き、広島市や愛媛県や山口県の町の明かりを遠く見ながら夜景が独り占めできる場所です。

陽も西に傾き、宮島に暮れようとしています。暑かった一日も、黄昏時になると心地よい風が頬を伝わってきました。

下界に見える海上自衛隊第1術科学校では、にぎやかな演奏が聞こえてきました。
花火の音は、江田島湾の周囲に広がる山々に反射し、下界では味わえない臨場感あるれる音と光の共演を演出してくれました。

海上で満艦飾を灯しているのは試験艦「あすか」。花火大会に花を沿えた上空にも大きな大輪。

海にも花火の光。夏の夜のひととき光と音の競演を楽しみました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-07-30

同郷の後輩を誘い「しらす」パクリ 瀬戸内の香り口中広がる

久しぶりに、行ってみようや・・・。

同郷の後輩を誘って、島で包丁を振るっていた店主が、広島市内で営業している居酒屋の暖簾をくぐりました。

妹と同級、後輩の姉ちゃんとあっしが同級という間柄。お互い、偶然にこの場で二人が会って以来の訪問でした。

「しらす」があるじゃん。


と、生しらすを注文。正真正銘、生のしらす。


しらすの天ぷらも。


多くの命を犠牲にしたことは後悔しますが、瀬戸内の香り口中に広がりました。



積もる話に酒が進み、ちょいと飲みすぎたひとときでした<m(__)m>


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-07-29

海猿訓練注目集める 巡視船くろせ一般公開

海猿の訓練が、見学者の注目を集めました。
今日7月29日、巡視船くろせの一般公開があると聞き、呉市の大和波止場に。

いつもは、関係者以外立ち入り禁止の場所に係留。呉中央桟橋から船体は見えるのですが、近くて遠い船です。

撮影はできませんでしたが、船内には計器類がズラリ。
船の周囲をグルリ。海上保安庁のマークが光っていました。

訓練の隊員が降りてきた場所に。
目の前には、大和ミュージアムが広がっています。

建物のガラスに、くろせが映っていました。
目を凝らしましたが、建物からこの船を見ている人は・・・。

 巡視船くろせは、昭和61(1986)年8月7日、広島県因島市内海造船田熊工場で進水し、同年11月13日に下田海上保安部に「かの」として就役しました。
 その後、平成21(2009)年11月18日「巡視船いしかり」として釧路海上保安部を皮切りに、平成23(2011)年10月15日「巡視船むろみ」として福岡海上保安部、平成25(2013)年8月15日呉市内に流れる『黒瀬川』に由来した「巡視船くろせ」として、呉海上保安部配属されました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-07-28

カサブランカがとりもった縁 同郷の知り合いに再開

県立広島病院をはじめとして公共施設に花を届けることを目的として、毎日2月11日にカサブランカの植え付けを行っている「納涼会」が、27日、メルパルク広島で開催されました。
新たに参加した12人を加えた84人が参加。

名前は覚えきれませんが、顔なじみの人が多数出席。打ち解けるまで、時間は必要ありませんでした。

同郷の知り合いも参加。お互いにちょいとびっくりした再開も。

ちょいとした異業種交流の場になりました。

家の前にあるカサブランカ。すでに花は散っていますが、行きかう人の目を楽しませてもらいました。
球根を増やして、もっと多くの花を咲かせたいと。

カサブランカがとりもった縁で、ホテルの料理に舌鼓を打ちながら過ごしたひとときでした。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-07-27

元祖「それ行けカープ 〜若き鯉たち〜」 塩見大治郎さん国歌斉唱  7月28日(金)Zoomスタ

明日7月28日(金)、MAZDA Zoom-Zoomスタジアムの対ヤクルト戦で、塩見大治郎(しおみ・だいじろう)さんが国歌斉唱されます。
塩見大治郎

広島カープファンならだれしも知っている「それ行けカープ 〜若き鯉たち〜」。
現在はいろいろな人が歌っていますが、塩見さんはこの歌の元祖、本家、正真正銘。初めて歌った人です。

7回、ジェット風船を上げる前の楽曲で、ボルテージは最高潮。心を熱くさせます。

塩見さんとは、人生で一回だけ40年近く前にお会いしたことがあります。

当時、広島の地方局、広島ホームテレビで塩見さんが司会をされていた「あっとホーム・クイズ」に出演しました。


家をごそごそすると、37年前の塩見さんの写真がありました。

出演した記念品は、今でも大切に保管。

番組からの年賀状を見て、ちょいと懐かしさがこみ上げてきました。

チケットが取れないため、明日はテレビ観戦。37年前の思い出とともに、塩見さんのスポットライトを遠い遠い島で応援しています。




ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-07-26

スイカ食べごろの季節 大きい、重い、冷蔵庫に入らない

つりしのぶのように、スイカが風に揺れていました。

家で植えたスイカが食べごろの時期になりました。

葉っぱの下にひっそりと隠れているものもありますが、枯れた鶴から全容を表したものがゴロゴロ。

イノシシやアナグマの被害にも遭わず、ここまで成長しました。

早速、家に持ち帰り、狸の目の前に。

好物のスイカを目の前にしても微動だとして動きません。

重い、大きい。冷やして切りたいところですが、切らないと冷蔵庫に入らない。
井戸の出番か、はたまた(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-07-25

山の中腹から夜景望む 静かなとき流れる

呉市昭和町にある、日新製鋼株式会社呉製鉄所の煙突が、一際明るく輝いていました。

家の近所にある野登呂山(標高541.8メートル)の中腹、300メートルあたり。

ボッチで夜景を見たくなりました。

東には、標高736.8メートルの灰ケ峰や、839.1メートルの膳棚山まで望むことができます。

海を挟んだ呉市内は、クレーンやホテルの姿が浮かび上がっています。

かなたには、広島市内の町明かりも見えます。


眼下には静かな海。広島行きの船が通り過ぎていきました。

周囲は野生の動物しかいませんが、高い場所から見る夜景に静かなときが流れました。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし

2017-07-24

葉で覆われたアメリカフウ 木陰でひとときの涼

夏の日差しを浴びて、葉脈が輝いていました。

春先には幹だけだったアメリカフウも、葉で覆われていました。


夏の強い日差しを遮り、涼を与えてくれました。

たまたま、木の名前と同じように「ふぅ・・・」。

木陰に入ると、一段と涼しい海からの風。

ちょいとホッとしたひとときでした。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ
公式サイト幸か福岡かふくおかひろし