2015-01-31

一面銀世界の中尊寺 世界遺産を独り占め

 昨夜来からの雪で、今日向かったのが中尊寺。

 午前4時に起床。5時の始発に乗って揺られること2時間。目的地の中尊寺に到着した。

 今シーズン3回目、通算5回目の訪問となる。

 ず~っと、雪の中尊寺を独り占めしたくて、訪れると一面の銀世界。

 金色堂境内には足跡もないほど、白いじゅうたんが敷かれていた。

 新雪を踏みたいと思っていたところ、親切にも寺院関係者が参拝者を迎えるため、雪かきが始まった。

 「残念」。

 境内にいた松尾芭蕉も白いコートを着ていたが、ちょいと寒そうだった。

 今までの中で、最高の積雪。なかなか重いように取れないのが写真かなぁ・・・。と、肩を落とした。

 曜日と気候のタイミングも、次はいつになることやら・・・(涙)


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ

公式サイト幸か福岡 ふくおかひろし

2015-01-30

気仙沼も雪景色 被災地も白い世界に

 気仙沼市も午後から白い贈り物が降ってきた。

 べっとりとした湿気の多い雪。

 黄昏時になり、カメラを持って海沿いにフラリ。

 三脚を持っていなかったので、間に合わせで撮影。
 夜景もちょいとノイズが乗ってしまった。

 対岸にある浮見堂もかすかに白い姿を海に映し出していた。

 津波で流された跡地も、白い世界に包まれていた。

 明日は、白銀の世界になっていると、ちょいと期待しているけど・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ

公式サイト幸か福岡 ふくおかひろし

2015-01-29

IC乗車券odeca入手 Suica相互利用後にチャレンジ

 カード型IC乗車券は首都圏とJRエリアにSuica、広島市内の私鉄にPASPY関を利用していた。このたび、気仙沼の記念としてodecaを入手した。

 odecaは、JR東日本気仙沼線BRT・大船渡線BRT専用の乗車券。

 「お出かけしやすいICカード」に由来し、地域住民の外出がこれまで以上に気軽にしてほしいことからから命名された。

 おっぽくんと呼ばれるキャラクターのリスは、BRTと沿線の復興のキャラクターとしてデザインし、「尾デカ」(尾がデカイ)のユーモア性を持たせている。

 同線はこれまでは、odecaしか使えなかったが、3月14日からにSuicaやSuicaと相互利用しているカードが利用できるという。

 相互利用のため、上京した時に使えるかも・・・?JR西日本でも使えるかな?と、ささやかなイタズラ心が芽生えた・・・(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ

公式サイト幸か福岡 ふくおかひろし

2015-01-28

広島県出身者と酒場で合流 気仙沼の夜に広島弁飛び交う

「話してほしい人がいるんだけど・・・」。

 社宅でくつろいでいると、受話器の向こうにいる気仙沼市在住の先輩から電話が入った。

 変わった相手と話をしているうちに、そそくさと身支度を整え出撃。現場で合流することになった。

 広島県尾道市出身の彼女は、仕事で気仙沼にやってきたという。
先輩といつもの焼き鳥店で意気投合し、広島県出身ということで、連絡が入った。

 「広島のどのへんなん」。
 「尾道なんよ」。
 「わしゃ・・・」。

 ご当地の人も理解できないほど、気仙沼の夜の街に広島弁が飛び交った。

 広島から遠く遠く離れている気仙沼で、広島弁が話せるのもちょいとうれしい。
 ついつい、酒が進んでしまった・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ

公式サイト幸か福岡 ふくおかひろし

2015-01-27

国立天文台・水沢VLBI観測所 雪の光にパラボラ映える

水沢市内を歩いていると「天文台通り」の住居表示が目に入った。
しばらく歩くと、「木村榮記念館」の文字が。

 国立天文台・水沢VLBI観測所の中にあり、見学自由ということで早速足を向けた。

 木村榮は、岩手県水沢の緯度観測所初代所長のとき、自転軸の傾きに関する式に加えられたZ項を発表した。

 施設内に大きなパラボラアンテナが目に入った。

 大小合わせて3基のパラボラアンテナがある。

 銀河系の真の姿を明らかにするVERAプロジェクトの観測施設。
 ここをはじめとして、入来(鹿児島県薩摩川内市)、小笠原(東京都)、石垣島(沖縄県)の4観測局を組み合わせて直径2,300kmの望遠鏡と同じ性能を発揮することができるという。

 反射部分の幾何学模様もくっきり。
 雪がレフ板代わりとなって、パラボラアンテナが映えていた。


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ

公式サイト幸か福岡 ふくおかひろし

2015-01-26

気仙沼魚市場にブラリ タラを食べるのが楽しみ

 気仙沼魚市場にブラリ。およそ、2週間ぶりに訪れた。

 この季節、タラの水揚げが最盛期だということもあって、市場にはズラリ。

 このあたりでは、タラの刺身も食べるという。郷里では、到底考えられない話。

 久慈市の居酒屋でタラの白子を天ぷらにしたものをいただいたことがある。
 瀬戸内海では味わえない逸品。もう一度という思いも。

 今日は、高値でもオスは740円、メスは303円で取引。以前は、1000円も下らなかったことに比べると、庶民的な価格になってきた。

 そろそろ、酒場のメニューにタラが並ぶのかなと、キューっと一杯が楽しみ・・・かな。



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ

公式サイト幸か福岡 ふくおかひろし

2015-01-25

格付け最高ランクの北山崎 三陸復興国立公園を独り占め

 岩手県下閉伊郡田野畑村にある北山崎に立ち寄った。
ここは、日本交通公社の全国観光資源評価の「自然資源・海岸の部」で国内唯一、最高ランクの特A級に格付けされた景勝地。

 シーズンオフのため、だれももいない独り占め状態だった。

 三陸海岸は、宮古市を境として、南側は谷が沈降してできた入り江で形成される「リアス海岸」、北部は海水準変動と地盤隆起の組み合わせにより形成された「海岸段丘」の構成となっている。

 北山崎は「海岸段丘」。

 高さ200mの断崖は大海原から押し寄せる波に洗われていた。

 低い地響きのように大海原から押し寄せる波の音。

 波しぶきが霧状になり、白くかすみもかかったようだった。

 今日まで、三陸海岸はすべて「リアス海岸」だと思っていた自分が恥ずかしい・・・(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ

公式サイト幸か福岡 ふくおかひろし

2015-01-24

本州最東端魹ヶ崎に立つ 本州で米国に一番近い男に

 以前から行きたかった本州最東端の地、魹ヶ崎(とどがさき)に立った。

 ひとときではあるが、本州にいる人の中で、アメリカに一番近い人となった。

  「本州最東端」の文字は、木下惠介監督「喜びも悲しみも幾歳月」の作者である田中績の妻、きよの筆。

 北に目をやれば、おいら岬・・・失礼、魹ヶ埼灯台が。

 田中きよも、ここに暮らしていたという。

 海に目をやれば、果てしない大海原。

 アメリカンドリームが待っとるかもしれんけぇ~。

 瀬戸内海よりも気分が大きくなったひとときだった・・・(笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ

公式サイト幸か福岡 ふくおかひろし

2015-01-23

深夜の気仙沼駅 機関車御夜空に響く

 人気のない深夜のJR気仙沼駅。

 構内から「ブルンブルンブルン」と低周波のエンジン音が響いている。

 JR大船渡線は非電化区間。

 冬になると、一晩中客車のアイドリングを行っている。

 ハレーションを起こしているが、「一ノ関」という行先も表示されたまま。

 「一晩中アイドリングをしているのですか?」。運転手に聞いたことがある。
 アイドリングをしないと、翌朝に寒くなるからだという。

 最近、始発電車にも乗ることがあるが、それでも寒くて震えることもあった。

 最初のうちは低周波の音が気になって眠られなかったほど、最近は、非電化区間特有音の音が子守歌代わりに・・・(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ 広島ブログ

公式サイト幸か福岡 ふくおかひろし